占いの仕事はハードルが高い!? 占い師のなり方

占いが好きな女性って多いですよね。

 

「占い師になれたらいいな・・・。」

 

と興味を持ってくださる方もすごくたくさんいて、占いを仕事にしている者としてはとても嬉しいです。

 

 

 

こんにちは。

 

茨城 つくば アロマサロン&占い AnaHerbです。

 

今回は占いの仕事はハードルが高いのかどうか?

 

このへんのことをお話していきます。

 

 

 

ふんわりとでも、占いの仕事いいな、と思ってくださる方は特に、最後まで読んでいただければと思います。

『視える』のは必須!?


占い師になってみたいけど一歩が踏み出せない理由の一つに、『視える・視えない』を気にされてる方が実は非常に多くいらっしゃいます。

 

「霊感とかないし」

 

「私は何も視えないから・・・」

 

こんな風に気にして、始める前から自信をなくされてる方をよくお見掛けします。

 

 

 

すごくもったいないなぁ、といつも感じます。

 

どうか安心してください。

 

私もいわゆる『霊感』はありませんし、『霊視』もできたことはありません。

 

でも、占い師です。笑

 

 

 

当サロンへ鑑定にいらしてくださるお客様は、皆さま笑顔で帰って行かれます。

 

霊感がなくても、視えたり聞こえたりしなくても、相談に来られた方の心のモヤモヤをスッキリできます。

 

 

 

『視える』ことは、決して必須ではありません。

 

大事なのは、ご相談者様の心に寄り添うことです。

私には覚えられない・・・


私の占術は手相とオラクルカードです。

 

特に手相は占いの仕事に興味を持つ方から

 

「難しそう」

 

「線の意味とか覚えられるか自信がない」

 

といったお声をよくいただきます。

 

 

 

確かに手相は人それぞれ色々な線の出方をしていますので、解釈など難しく感じるかもしれませんね。

 

私の教え方の特徴の一つでもありますが、どの線がどこから出ているか?

 

といった考え方さえしっかり押さえれば、基本の線と丘を覚えることで色々な人の手相を観てあげることができるようになります。

 

 

 

また別の話ですが私の生徒さんにこんな方がいます。

 

「タロット占いが好きだけど、出たカードの解釈が難しくてできない。だから占い師は向いてないと思う。」

 

 

 

そこで私も使っているオラクルカードをおすすめしました。

 

タロットカードよりもリーディングがしやすいのがオラクルカードの良いところ。

 

「これなら私でも占い師になれるかもしれない!」と、目を輝かせて喜んでいました。

 

それからわずか1ヶ月後、電話占いでのデビューを果たし占い師としての道をスタートされました。

 

 

 


占いを仕事にするにあたって、最低限覚えなければならないことはもちろんあります。

 

ですが多くの方が想像するよりも実際には覚える量は少ないかもしれません。

 

占術によっては資料をみながら鑑定するものもあります。

 

 

 

『覚えなければならないことがある』というのを、それほど不安に感じなくても大丈夫です。

 

それよりも、目の前に提示されたご相談者様の情報と占術によって出た結果をきちんと解釈してお伝えしてあげること。

 

こちらの方がずっとずっと大切です。

最後に


占い師に興味を持って下さる多くの方から寄せられる心配事をお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

占い師になるには、特別な能力がないとなれないような気がするかもしれません。

 

ですが実際にはまったくそんな事はなく、【相手の心に寄り添う】こと。

 

こちらが何よりも必要な能力ではないかな、と思います。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


「占い師のなり方って?」

 

「まず何が必要なのか知りたい」

 

このような理由で、占い師になりたいけどまだ一歩が進められていないという方へ、占い師になるためのステップをメルマガでお伝えしています。

 

 

 

ご興味ある方は、こちらから無料メルマガ登録をお願いします。

 

▼あなたも占い師になれる!15の秘訣

無料メルマガ登録はコチラです