いい気分でいるための1番簡単な方法!

朝目覚めた瞬間から、悩み事を思い出して憂鬱になる。

 

今日やらなければならない面倒なことを考えて、嫌な気分になる。

 

昨日のことを後悔して、自己嫌悪に陥る。

 

こういうことって時々なるわけじゃなくて、意外と日常的だったりしませんか?

 

悩んだり落ち込んだりイライラする状況はそれぞれかもしれないけど、嫌な気分でいること自体は、意外と『普通のこと』だったりしませんか?

 

本当はいい気分でいたいはず。

 

楽しくて、自由で、幸せでいたいはず。

 

そこで今日は、『いい気分』を簡単に取り戻せる方法を、ご紹介します(*^^*)

【自分を傷つけると嫌な気分になる】

こんにちは!

 

茨城 つくば メディカルアロマ&スクールと占い館 松平玲です(*^^*)

 

私はもともと、すごーーーくネガティブに何でも考えるクセがあるんです。

 

病気を経験したことをキッカケに、『今何を考えていたか?』に注意するようになりました。

 

なぜなら私は、無意識に自分を傷つけるようなことばかり考えていたことに気づいたからです。

 

自分を傷つける考えというのは、一言で言うと

 

嫌な気分になること全部

 

です。

 

誰もが平等に与えられているもののひとつに感情があります。

 

感情は、「自分が考えたこと」の反応です。

 

自分にとって良いことを考えていれば良い気分だし、自分にとって良くなければ嫌な気分になります。

 

だから嫌な気分になっていたら、その直前には必ず良くないことを考えていると言えるのです。

 

嫌な気分になることは、本当はあなたが望んでいない考えをしています。

 

誰かに腹を立てることも、人生を悲観することも、状況を嘆くことも。

 

そのような考えは、本当のあなたには似合っていません。

 

これは良い人でいることや我慢を言っているのではありません。

 

シンプルに、あなたが望まないことなだけです。

 

自分が望まないことをあえて考えるのは、自分を否定しているし無視しているし軽んじていることにつながります。

 

そのような理由から嫌な気分になることは、全部が自分を傷つける考えと言えます。

 

 

ところで以前の私は、嫌な気分になるのは何かのせいだと思っていました。

 

物事がうまくいかないから

 

あの人の言葉や態度で傷ついたり腹が立ったから

 

不幸な人生を送る運命かもしれないから

 

いつも何かによって気分が悪くなったり良くなったりするものだと信じていたので、自分の思考なんて気にしたことがありませんでした。

 

でも、先ほど触れたように病気になったおかげで『自分の気分は自分の考えていることで変わる』んだと、気が付きました。

 

これでは良くない!と、それまでのネガティブ思考のクセを見直して、自分を好きになり満足させることを意識する試みを始めました(*^^*)

 

■関連記事:プロフィール~自分らしい人生を生きる切符を手に入れた話~

【今日、何回自分をほめましたか?】

 

 

 

それでは、簡単に『いい気分』になる方法をご紹介しますね(*^^*)

 

何をどうすれば良いかというと・・・。

 

1日1つでいいから「やろう」と思ったことをやる

 

やろうと思ったことを行動に移す時は、必ず自分を好きでいられると思うものを選択する

 

行動に移したことの結果よりも、行動できた自分をほめてねぎらう

 

この3つをやるととても満足できるし、自分のことが好きでたまらなくなってめちゃくちゃいい気分になってきます♪

 

すごいことをしたワケじゃなかったとしても、自分を誇らしく思えるし、何よりも心地よさが心の奥から溢れてくるのが感じられます。

 

さらに素敵なのは、「明日も自分を大好きでいられることをしよう!」と自然に意欲がわいてくることです(*^^*)

 

自分をほめて好きになる

 

たったこれだけで、簡単にいい気分を取り戻すことができます♪

 

ぜひ試してみてください。ほんとにオススメです(*^^*)

 

 

 

▼おすすめ記事

痛みに効く!?ラベンダーの効能&体験談!

 

▼おすすめ記事

アロマ資格で個人スクールをオススメする理由!

 

 

 

 

▼1日でメディカルアロマ資格を取得!

メディカルアロマ講座 コース紹介